全国ラジオ体操コンクール 敢闘賞を授賞!


本日、朗報を届けてくださったのは、かんぽ生命高岡支店長の谷崎晴孝様。
高岡支店長賞の授与式のごあいさつの際、全国大会「敢闘賞」の結果を初めて知りました。635チームの参加中、25のチームが最終選考に残ったそうです。    その一つが私たち。光栄です!

夏休み前の7月17日(火)、全国のトップを切ってラジオ体操の放送開始90周年を記念して作成された教本の贈呈式が本校で行われたことは記憶に新しいところです。
その機会にNHKのテレビ・ラジオ体操指導者の多古肇さんと清水沙希さんに全校生徒を対象に本物のラジオ体操をご指導いただきました。
この貴重な体験を更に生かすため、「全国ラジオ体操コンクール」に応募しました。
5年生と6年生の精鋭19名が、更に練習を積み重ね動画により応募しました。

本日、全国大会「敢闘賞」のうれしい知らせが届きました!
金、銀、銅賞と優秀賞の10校には惜しくも選ばれませんでしたが、それでも600校近くの応募の中から20校程度のファイナリスト(最終選考)に残った「敢闘賞」に選ばれたことは、本当に光栄な限りです。

これも、あの暑い夏休みの体育館の中で精魂込めてご指導いただいた多古先生と清水先生のおかげと感謝しています。
今日は、入賞の知らせを受けての感謝の気持ちを込めて、あの暑い夏にみんなで取り組んだ努力の足跡をたどりたいと思います。
まずは、ステージ上から体をほぐす所作について教わりました。
そして、ラジオ体操の基本を一から教えてもらいました。

多古先生と清水先生は、ステージの下まで降りてきて体をかけて指導くださいました。

児童代表がお礼の言葉を伝えたあと、全校で記念撮影!

NHKの夕方のニュース番組「ニュース富山人」のスターティングの場面としても放映されました。うれしかったなあ・・・

報道のカメラがまわっていても堂々とインタビューに答えることができました。
「今日のために全校で練習してきたので・・・・・・・・・・・・」

全校生徒が体育館を去る時には、出口で全員にハイタッチまでしてくださいました。
で、・・・このままでは終われないとのことで、5年生と6年生でタッグを組み、精鋭を選抜した上で全国コンクールに応募しました。
朝、長休み、昼休み、放課後と練習を積み重ねての今回の受賞。
本当にうれしいです。

昨日(10月31日)の校長室での授与式の様子を最後にご覧ください。

緊張する式のあとは、しばしリラックス・・

全校児童が正式なラジオ体操をマスターする機会を与えてくださいました高岡市教育委員会、かんぽ生命、NHK、ラジオ体操協会など多方面の方々に、心より感謝申し上げます。

学校だより 号外!

本日、10月31日(水)15時、本校に朗報が入りました。
第5回全国小学校ラジオ体操コンクールにおいて、本校の5年生と6年生の精鋭19名で結成したチームが、見事「敢闘賞」を獲得しました。
夏休みの前、全校で毎日ラジオ体操に取り組んだ成果を、代表の子供たちがコンクールにおいて発揮してくれました。

よって、学校だより【号外】を急遽作成し、発行することといたしました。
11月号外

4年生 ハーブ教室:バジルソースで本格イタリアン!



4年生は総合的な学習の時間にハーブについて学習しています。先日の学習発表会でもステージ発表を行いました。
今日は、待望のハーブ教室。講師の金丸先生をお招きして授業を行いました。
まずは収穫から!今年の春に植えて育てたハーブです。


大豊作です。やったー。

給食にも活用していますが、今日は収穫祭、育てた自分たちだけのお楽しみ。バジルソースたっぷりのトーストをいただきます。オリーブオイルとバジルをミキサーにか
けて・・・子供たちはミキサーの中でソースができる様子にくぎづけ。漂ってくるおいしい香りにうっとりです。


出来上がり! いただきま~す!おいしい、おいしい。

先日の学習発表会では、この学習の成果を地域の人に披露しました。また、学校の栄養士さん、調理員さんにも協力いただき、給食での活用を1階の廊下で実物展示して来場していただいた皆様に実際の給食をみていただきました。
給食は、冷凍保存して一同に展示したものです。


学習発表会での4年生の発表や展示を観てくださった金丸先生は、「うれしくて、涙、涙でした」とおっしゃってくださいました。
今日の授業では、その感動の気持ちをプレゼントにして子供たちに届けてくださいました。心のこもったお手紙と手作りの乾燥ハーブの詰め合わせ!

一人一人の子供にプレゼント・・


いつになく暑かった今年の夏。水やりや草むしりを怠らず続けた4年生にだけの至福の時間です。


「主体的・対話的で深い学び」とは、このような学びのことをいうのではないかと考えさせられました。

6年生 薬物乱用防止教室 ダメ。ゼッタイ!

昨日(10月26日【金】)、6年生を対象に「薬物乱用防止教室」が開催されました。
上の写真は、教室のエンディング。こぶしを突き上げ、みんなで「ダメ。ゼッタイ」の合い言葉をかけ合った場面です。
ライオンズクラブの皆さんが10名以上来て下さり、教室を運営くださいました。

アメや芳香剤に見せかけて「やさしそうな」人が近寄ってくることが多い、1回でもしてしまうと取り返しのつかないことになってしまうことなど、真剣に子供たちに語ってくださいました。子供たちも真剣に聴きました。


最後に、県と薬物乱用対策推進本部から発行されている下の冊子をもらい教室は幕を閉じました。6年生の今の時期だからこそ、印象に残る貴重なお話でした。
教室を開催してくださった多くの皆様に感謝申し上げます。

6年生のみなさん、家庭でも話題にしてくださいね!

プログラミングに挑戦!

本校では、情報教育を推進するため、年に何度か専門の講師の先生をお招きして授業を実施しています。(県情報教育特別非常勤講師)

今回(10月24日【水】)は、3年生から6年生の児童が順番にコンピュータ室に入り、講師の三日市先生から指導を受けました。三日市先生は子供たちにとっては高度な技術を、学年の発達段階に応じて丁寧にに分かりやすく教えてくださいました。
学んだのは、プログラミング!新学習指導要領にも「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考を身に付けるための学習活動」を取り入れることが示されています。
本格的なプログラミングを理解できなくても、コンピュータに「意図した処理を行わせる」指示を出すことを今回の授業では学ぶことができました。

5年生と3年生です。

楽しく学んでいる様子が子供たちの表情から読み取ることができます。



何秒で色を変える とか 〇〇度傾ける とか 横に動かす とか単純な指示を積み重ねます。高度な動きもこういった短い指示の組み合わせ次第であることを体験の中から学びます。


6年生は個人で努力すれば、ある程度は自分で動かせます。

4年生は、各自がつくった動く動画を見せ合いっこして歓声をあげていました。
「これっ、すご~い!誰の?」

今日は、専門の講師の先生による指導を受けることができる貴重な機会。1時間の授業でも、その終わりにはプログラミングの基本を理解した子供がユニークな動きをする動画を創って、みんなを大笑いさせる場面もあり、講師の先生自身が驚いておられました。子供たちの吸収力はまるでスポンジのよう!
コンピュータ室に入る時のマナーもしっかりしていて感心してしまいました。

このズックは、3年生のものです。

3年生 地元のスーパーで教えてもらったよ!

3年生の社会科の授業。地元のスーパーマーケットにおじゃまして、販売に携われている方々の工夫や努力を学ばせていただきました。この学習のねらいは、「販売の仕事は、消費者の多様な願いを踏まえて売り上げを高めるよう、工夫して行われていることを理解すること」です。学校での勉強も大切ですが、実際に自分の目で見て、お話を聞くことは、大変貴重な時間です。
てくてくと歩いて、まずはスーパーマーケットへ!集合して静かにお店の方を待ちました・・・。

挨拶をしたあとは、店内の工夫についてお話を聞きました。聞いた内容はメモ。1つたりとも聞きもらしません!「地産地消」確かに、野菜などを作っておられる人の顔とお名前がわかれば、買う側は「安心」できるよね。

バックヤードの中も、お仕事に差し障りのない程度に見せていただきました。
普段はなかなか見ることができません。ここでもメモは怠りません!

衛生管理の厳しい場所は、外からほんの一瞬だけだよ!販売する立場の人の苦労がよくわかります。
あっ、今話題の「富富富」も販売されているよ!目立つところに山積み!おいしいんだろうなあ・・・食べてみたい・・・。

最後はお部屋で質問タイム。学校や家、そして現地で感じた疑問をお店の方にぶつけます。手がどんどんあがり時間を越えてしまいました。それでもお店の方はやさしく
ていねいに何でも答えてくださいました。

帰る間際には、お店で100円のお買い物をしました。100円ぴったりだと消費税があるので買うことができません。各自いろいろ悩んだ末、全員なんとか100円以内でお買い物を済ませることができました。
その際も、店内放送で「本日は、川原小学校の3年生のみなさんが社会科見学に本店を訪ねています。今お買い物中ですので、ご理解願います」など、他のお客さんへのきめ細かな配慮がなされていました。
子供たちは、こんなところにも「販売する側の工夫と苦労」を感じとったにちがいありません。
お店の方々、お忙しいところ大変貴重な体験をさせていただき感謝申し上げます。

いざという時に備えて 災害備蓄品のこと

避難場所として指定されている本校の一室には、災害備蓄品の保管されている部屋があります。

10月22日(火)、市の危機管理室の方々と本校用務員さんたちにより、備蓄品の入れ替え作業がありました。100%新しいものになりました。水など重いものもたくさんあります。階段から降ろして、また新しいものを運び上げるのは大変な作業です。

どんなものが備蓄されているのか・・一部をご紹介します。ワンタッチトイレ、サージカルマスク、

そうですね、鍋と蓋。飲料水は生命線。

高齢者や赤ちゃん用のおむつもあります。そして、ご飯。お湯や水さえあればできあがるごはんもあります。「五目ごはん」でおいしく食べることができるような配慮も
そういえば、9月2日(日)の総合防災訓練の時もお見かけしました。

このような備蓄品が、使用されずに更新されていくことを切に願いますが、災害は容赦なく私たちを襲います。心の備えはいつもしておきたいものです。

備蓄庫の入れ替え作業が終わると同時に、用務員さんはポリシャーの作業。学習発表会で汚れた廊下、階段をまず剥離。そのあとワックスを塗ってピカピカにする予定です。休む暇もなく・・本当にありがとうございます。子供たちもその姿は見ていますよ!

学習発表会で賑わっていた東階段は、しばし通行止め。ピカピカにするからね。

気持ちを切り替えて! 次はマラソン大会だよ

21日(日)の学習発表会には多数のご来場本当にありがとうございました。
昨日は、繰替休業日でお休み。気持ちを切り替えて、今日からは新しい目標に向かってチャレンジ!

11月9日【金】のマラソン大会に向けての取組が本格化しました。
朝運動の時間には、4分間走を実施しています。自分のペースで4分間走り続ける練習です。あくまで自分のペースで・・先生も自分のペースで!

全校で、よ~い、ドン!

交錯しないよう内側は低学年、中は中学年、そして外側は高学年。

体育の時間に地道に取組を開始している学年も。これは4年生。掲示物でもみんなを盛り上げます!

準備と片付けは、やっぱり6年生。縁の下の力持ちです。

やっと走り終わった!疲れた顔の奥には、やりきった爽快感も漂っています。

学習発表会とはまた違う、やりがいのある活動です。これから3週間、がんばります!

第5回 川原っ子土曜こども教室 ツイストパンおいしい!


10月の川原っ子土曜こども教室が、秋晴れのもと市営二上キャンプ場で開催されました。お父さん、お母さん、弟くん妹くんたちも多数参加してくださいました。
メインイベントは、写真のツイストパンづくり。
作り方をご覧ください。野外でつくるのは本当に楽しい!
ナイロン袋でこねて こねて、発酵させたらコネコネ・・

そしてツイスト状に竹筒に巻き付けていきます。巻き付けた生パンをコロコロ回しながらじっくり焼いていきます。その間、焼き芋づくりも同時並行で!

炭に火をつけるところから・・・大変苦労されていました。お世話くださったのは、ボーイスカウト関係の皆さん。当然、川原小学校の卒業生がほとんどです。
吉川さんのコーディネートのおかげで、土曜学習の支援の輪が広がっています。
パトロール隊の隊長でもある廣田さんは、ボーイスカウトのお世話もしておられます。
火をおこしてくださっているのは、本校同窓会役員の高瀬さん!ずうっと前のPTA会長さん。お世話本当にありがとうございました。
クマの注意情報にハッとしたり、子供が着ていたTシャツにニンマリしたりもしました・・・。

二上山は近くにあるのに、こんなに素敵な場所があるなんて!
終わった後も、子供たちは、秋色に染まりはじめた野山を駆け巡っていました。

学習発表会 盛大に開催!

晴天の中、学習発表会が盛大に開催できました。ステージ、作品展示などすべての会場がお客さんでいっぱいになりました。

全員合唱や6年生の劇のエンディングでは、割れんばかりの拍手で子供たちが包まれました。

食堂やお楽しみコーナー、バザーは長蛇の列!


PTAの方々が連日連夜学校に運んでくださり、値付けなどをしてくださった「友愛セール」も絶好調!地域の方々が列をつくって待ち、買っていってくださいました。
子供たちも自分のお目当ての品をさがして買い求めました。

学習発表会は、このとおり大成功に終わることが出来ました。
お手伝いいただいたすべての方々に深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。