給食 最後はクリスマス献立!

給食の最終日(昨日、12月20日)は、クリスマス献立でした。
フライドチキン! 野菜のごまドレッシング!

そして、みんなが大好きな・・クリスマスライス!

6年生の教室です。チキンは大好き、モリモリ食べています。

改めて、クリスマス献立の全貌をお見せいたします。

デザートがかわいらしい・・・・ふたをとれば、また驚き!

クリスマスにはまだはやいですが・・・いただきながら楽しい気持ちになってきました。さすがに6年生。落ち着いていただいてはいますが、心の中は・・多分クリスマス気分。


2学期もおいしい給食 どうもありがとうございました。

川原っ子 歳末の風景


多目的スペースでの書写の授業、もうお正月なのですね!

ひとつひとつの文字をゆっくり確認しながら書き進めていました。適度な緊張感の中、ゆったりとした空気が多目的スペースに流れていました・・・・・

朝の玄関先、アルミ缶回収が行われています。

今年は、目標を200kgに設定しましたが、11月ではや目標を達成!
ご覧のとおり300Kgに向けて増え続けています。これも、保護者のみなさまのご協力の賜、本当にありがとうございます。

昨日(19日)と今日は、保護者会。今までの落とし物が職員室前に設置されました。

自分のはないかなあ?子供たちも確認しています。

調理実習も真っ盛り。調理室は、フル稼働。今日は、具だくさんのお味噌汁と小松菜とベーコンの炒め物!お味噌汁の具に入っているカブは、子供たち自身が育てたんですよ!


味を確かめてもらうため、事務員さんや校長先生、そして職員室でお仕事をされている先生にも食べていただきます。どうですか?おいしいですか?

カブのやわらかさ、具の組み合わせ・・申し分ありませんでした。
ややスパイシーな炒め物もごはんに合いそう!さすがにごはんはありませんでしたが・・
保健室の前をとおりかかると・・・

保健室の先生が、掲示物を「来年バージョン」に模様替えをしておられました。
月日の経つのははやいですね。

これが、川原小学校の歳末の風景です。

保健体育委員会の企画 全校色団別折り返しリレー

本校の委員会活動は、活発です。保健体育委員会は、全校のみんなに「もっと楽しく運動をしてもらいたい」との思いから、全校リレーをすることを企画しました。
1週間に1回あるロングタイムの時間を活用しました。
赤団、白団、緑団の3つの団をそれぞれ2つに分け、全6チームで競い合いました。
ルールの説明は、やっぱり6年生。委員長と副委員長が前に出てきました!

そして、さあ1年生からスタート。表情は真剣です。

体育館なので、ターンが難しい・・・

優勝したのは、「あか団1チーム」2位も赤団でした。優勝した瞬間の映像です。遠いほうのお友達が「赤団1チーム」心からうれしそうです。
2位だった手前の子供たちも心配そうに最後の走者を見つめています。

ほんの少しの時間でしたが、体育館は熱気に包まれました。体育委員会の「もっと楽しく運動を・・」の願いは、十分に達成できましたよ。

また、何かオリジナルな企画をよろしくお願いします。

3年生がクリスマスコンサートを開催!

3年生が、昼休み、全校生徒に向けてクリスマスコンサートを開催しました。お昼の放送などでコマーシャルし、会場は満員に!先生たちも音楽室に駆けつけました。

いよいよクリスマスの季節だなあ・・・と感じることができる素敵なコンサートでした。

合奏を2つと合唱を1つ披露しました。音楽の時間に学習した成果の発表でもあります。1曲目は全員でリコーダー演奏です。「山のポルカ」を二部に分かれて演奏しました。

みんな真剣に指揮者を見つめています。


リコーダーの次は、いろんな楽器を使っての「ゆかいな木琴」の合奏です。

木琴、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、オルガン、タンバリン、鈴を使って本格的な器楽合奏です。

最後は、クリスマスソングの合唱。英語で歌ったのには驚きました!
“We wish you a Merry Christmas”は、外国語活動に時間に英語専科の有澤先生に教えていただいた曲。みんなしっかり覚えていました。

お昼休みという、とっても短い時間ではあったけれど、全校のお友達が楽しめました。そして、3年生のおかげで、川原っ子のみんなが「クリスマスがもうすぐやってくる」という胸躍る気持ちにさせてもらうことができました。

3年生のみなさん、きれいな合奏と歌声、ありがとうございました。

給食 やちゃらあえ って何?


※注 鶏肉のごまだれかけ やちゃらあえ ミックスナッツがこの日の献立です。
上の写真は、給食委員の子供たちが書いた黒板をアップで撮影したものです。

今日の給食に「やちゃらあえ」が登場しました。ご存じですか?
この料理です。

糸寒天が目を引きました。調理員さんによると、冬のこの時期によく登場するそうです。「やちゃら」とは、野菜や海藻など8つの材料を使うことからその名前になったとも言われています。富山の郷土料理のひとつです。仏事や正月料理など行事食として作られることが多く、家庭や季節によって材料は様々です。
そんな料理が、給食に!

2年生の教室をのぞいてみると、給食準備の真っ最中。鶏肉のごまだれかけのむこうに「やちゃらあえ」が見えます。
「ぼくに、もっと、やちゃらちょ~だい」

郷土料理とはいっても、家ではそんなに頻繁に出てくるものではありません。
給食さまさまですね!
みんなおいしそうに食べています。


給食は、いろんなバリエーションがあって、子供たちは毎日楽しみです。

土曜こども教室 おいしいお菓子の家をつくったよ!

12月8日(土)、近くの川原公民館で川原っ子土曜こども教室が開催されました。
はじめの30分は、勉強タイム。宿題をしたり、読書をしたり。宿題をしてしまった人
は、折り紙などを折ったりしていました。

まずはしっかりと手を洗いアルコールで消毒してから調理室に入りました。今回の講師は、本校の土曜学習のコーディネーターでもある吉川佳子先生ご自身です。

お菓子は、吉川先生が人数に合わせて準備くださっていました。いろんなお菓子屋さんをまわって集めてくださいました。

まずは、おうちの土台をつくります。粉糖をのり代わりにします。よく練ったらボンドのようになりました。

お父さんやお母さんも多数参加くださいました。子供たちの家造りを見まもってくださいました。

お菓子の家造りもいよいよ佳境に入ってきました。

仕上げは、準備されたカラフルなお菓子で自分なりのデザインを行います。どのお菓子をトッピングすればきれいになるかなあ~

そして、完成した自分のご自慢の家(お菓子ですが)を見せてくれました!
なんと、すてきな仕上がりでしょう!


子供たちのつくったお菓子の家をご覧ください。夢があっていいですね!
1つとして同じような家はありません!



終わったあと、自分の大切なお菓子の家を全員が大切におうちにもって帰っていきました。
気になったので、今日の朝(週が明けての月曜日)「あのお菓子のおうちどうしたの?」と4年生の児童に聞いて見ました。
「食べました」
「おいしかった?」
「うん」

にっこり笑顔で応えてくれました。吉川先生、貴重な体験、本当にありがとうございました。

学期末 いよいよ寒い冬がやって来た!

木枯らしの吹く季節となりました。児童玄関前は毎朝落ち葉でいっぱいとなっています。環境委員会の子供たちもがんばって落ち葉を掃いて集めますが間に合いません。あとは、用務員さんと先生たちで・・・

雪囲いの終わった玄関前のドウダンツヅジ。見事な紅葉も終わり、風に吹かれて道路まで。葉が小さいので集めるのは大変!

校舎内に目を転じると・・・学期末評価の季節です。集中してテストに取り組んでいます。ドアを開けるのも・・遠慮しておきます。

あれっ!1年生まで!

廊下には、歳末恒例の赤い羽根共同募金のタワーがあります。児童会運営委員会のアイデアです。みんなの協力でこんなにたくさん集まりました。

募金の7割は、わたしたちの町高岡に届いているそうです。子供たちの集めた募金が、障がいのある方の自立支援、高齢者の生活支援、地域の子育て支援などに役立てていただけることをうれしく思います。

寒い冬がやってきましたが、子供たちの心はあったかいです。

5年生 はや 来年の連合運動会を見据えています!

朝、8時15分。晴天の中、5年生と6年生の朝運動がグランドで行われています!
ハードルなどの競技は、専門性が必要。5年生は6年生に教えてもらいながら来年の連合運動会に向けて、はや練習を始動しています。

ただ繰り返し跳ぶのではありません。体の動きをゆっくりと一つ一つ確認します。

そういえば!10月はじめの朝運動から、ちょっとユニークな動きの運動が取り入れられていました。ちゃんと計算されたメニューの組み方です。

子供たちは、コツをつかむと習得がはやい!ゆっくり、ゆっくりとフォームを矯正しています。



ハードルの両端を使ってのこんなトレーニングも!

計算されつくされたメニュー構成。何日か繰り返せば上達まちがいなし!
6年生から引き継いだ「連合運動会」への思いを、今からの地道な練習で、思う存分発揮してくれることを期待しています。努力は裏切りません。

がんばって

授業参観 全校で道徳科を公開!学校保健委員会も開催

11月22日(木)は、授業参観でした。本校では今年度、道徳科の授業を校内研修の中心に据えています。授業参観では、担任が道徳科の授業を行いました。
1年生から順に、授業の様子をお届けいたします。

教科書を読んで、まずは自分の思いや考えをしっかりともちます。

担任の先生は、子供たちの意見や考えを黒板に整理し、切り返して質問するなどして子供たちの考えを更に深めます。


イラストなども活用したり、子供自身が前に出てきて自らの思いを記入する場面も!
高学年になると大人でも感心するような考えや意見をもつことができるようにもなります。後ろで参観くださっている保護者の皆さんもそう感じていただけたのではないでしょうか。

教室で議論する中で、自分の考えが変化することもあります。心の変化を黒板にバロメーターのように表示している様子です。

ゆったりとした時間の中で、豊かな時間を共有するというクラスもありました。

授業参観が終わった後は、体育館に移動して引き続き「学校保健委員会」。
今年度のテーマは、「楽しく運動、パワーアップチャレンジ」です。全校児童、保護者、学校医、教職員が参加しました。
これは、学校保健委員会の資料表紙です。本委員会を開催するにあたっての事前アンケートの結果や「とやまゲンキッズ作戦」の集計結果、保健室来室状況などがまとめられています。

今回は、富山福祉短期大学の小川耕平先生を講師としてお招きしました。体育館に全員集合!実際に体を動かして「素速く行動する」ことの意味と意義を体感しました。

正座した状態から立った状態へ!頭で考えるほど簡単ではありませんでした。

正座は「お母さんすわり」、あぐらは「お父さんすわり」、以下「おばあちゃんすわり」「おにいちゃんすわり」「おねえちゃんすわり」など、小川先生のかけ声で素速く体勢を変えます。これは「おじいちゃん」です!

体を自分の思いどおりに素速く動かすこと、簡単なようで容易ではありませんでした。
最後には、学校歯科医の阿部先生からもご助言をいただきました。鼻呼吸の大切さを「息育」という視点で捉えたお話でした。私たちは1日に2万回も呼吸しているのですから、呼吸のクセは健康に大きな影響を及ぼす!なるほど、そうですね。それを改善するための「あいうべ体操」も教えていただきました。

PTA副会長、盤若さんのご挨拶です。お父さんの立場からの子供たちへの励まし、そして、有意義な学校保健委員会にしてくださった小川先生と阿部先生に対して、心を込めて感謝の意を表していただきました。