夏休みの川原小学校

夏休みも半分が過ぎました。今回は、夏休みの川原小学校の様子をお伝えします。
各学年、登校日が何日か設定されています。連日、猛暑が続いていますので、教室にいる時間はできるだけ少なくし、冷房のきく部屋でゆったりと過ごしています。
5年生、6年生は、夏休みのうちにいろいろと計画・実施しておかねばならないことが多いです。

2年生は、図書室から好きな本を選んでいました。読みふける児童も・・

プールは子供たちの楽しみの一つ。毎日50人以上の子供たちで賑わっています。監視の先生の他に、PTAの方々にも協力していただいています。暑い中、本当にありがとうございます。

校舎内へ目を転じると、用務員さんや調理員さんが黙々と働いておられます。子供たちがいない夏休みだからこそできる仕事を計画的にこなしておられます。先生方は、夏休みに集中している市内外での研修会・会議などで半分以上が出はらっており、2学期の準備など職員室勤務の先生は半分以下です。

土日は?というと、各地の様々な催しに子供たちが積極的に参加しています。下は、高岡市青年の家の3階にある「能舞台」。「お能に親しむ」の一コマ。
本校の「能楽クラブ」員が、保護者の方と一緒に参加していました。学校ではできない貴重な体験です。


夏休みならではの体験を通して、一まわり成長した姿を2学期にみせてほしいものです。準備を整え、待っています。