3年生 りんご狩りに行ってきたよ!


3年生の校外学習で、国吉りんごの収穫を体験してきました。これは、たかおか地産地消推進ネットワークの事業で、(農)国吉農林振興会が受け入れてくださったものです。収穫の最盛期をむかえたでっかくておいしそうなりんごを子供たちは目を輝かせて収穫しました。まずは、収穫の仕方から・・

そのあとは、一人3個熟したりんごを見分けて一つ一つ丁寧に収穫しました。


よしよし、これはいいのが穫れたぞ!持って帰って家族に自慢しよう!

高岡市農業水産課からも2名来て下さり、お世話してくだいました。高岡市からマイクロバスも!本当にありがたいです。生産者の方からは、りんご作りの大変さや自慢のりんごであることなどを熱く語っていただきました。
国吉りんごは、おいしいりんごの穫れる日本の南限とのことです。
実がなってから200日も大切に育てるので、他の産地とくらべて果汁が多くてジューシーなのが特色とのことでした。

ご覧のとおり、「王林」は最盛期をやや終え、今は日本人の大好きな品種「ふじ」の収穫が始まる時期です。

3年生は聞き上手。いつものようにしっかり聴いて何でも質問します。
そして、いよいよスタンバイ!雨がふるかもしれないので、念のためカッパを着用しました。

収穫が終わったあとは、選果の機械をわざわざ動かしてもらい、その様子を拝見。

先日はスーパーに行って、売る側の工夫を学びました。今度は作る側。蒲鉾工場に引き続き、今日はりんご農家。生きた社会科の授業です。教室で学んだことが実感として子供たちの心に刻まれていることは間違いありません。
雨を心配しましたが、おかげさまで学校に着く寸前に一降りに逢った程度でした。

学校はすぐそこだ! 急げ 急げ!

国吉農林振興会、そして高岡市農業水産課の皆様、本当にありがとうございました。
「地産地消」の大切さ、農家の苦労、ともに学ばせていただきました。

トーストランチ トップバッターは4年生!

食パンの日を狙い撃ち!川原っ子恒例のトーストランチが始まりました。
トップバッターは4年生。ハーブの専門家軍団が先陣をきります。

給食委員会の企画です。11月2日(金)から始まりました。献立に食パンがある日に行います。よって、全校生徒がすべて体験するのは、12月14日(金)となる長丁場です。
今年は、4年生が総合的な学習の時間に育てたオレガノとバジルを使って、ピザトーストを作ります。
食パンの上にピザトースト、チーズ、そしてお気に入りのハーブをのせます。

調理員さんにもご協力いただいています。仕上げには若干のコツも。さすがにプロの味・・

そして・・・トースターの中を覗きながらじっと待ちました。

出来上がり!みんなでおいしくいただきました。ランチルームなので、雰囲気もいつもとは違いますね。

保健室の先生も来てくれたよ!

トーストランチをいただきながら、給食委員会からのクイズに答えます。総合的な学習の時間、そして学習発表会でもステージ発表したので知識は豊富、全員の手が挙がっています。

大事に育てたハーブ。全校生徒に喜んでもらって、4年生は満足です。育ったハーブさんもうれしそう・・。

なかよしランチ で もっと仲良く!

給食委員会の企画で、2階ランチルームにおいて「なかよしランチ」が行われました。1年生と6年生など、違う学年の子供たちが入り交じって楽しい給食の時間を過ごします。普段は一緒に食べていないから・・とっても新鮮。
ランチルームは明るくて、カラフルでレストランのよう!

校長先生や教頭先生もいっしょだよ!
好きな給食、きらいな給食?・・・いろんなことをお話しできます。

っと、そこで給食委員会から派遣された3名が司会として登場!
クイズの時間です。

は~い、ぼくわかります!

食べるのをしばし一休みして、解答に夢中です。

配膳は、ランチルームで。ここは一緒です。

「毎日、ここで食べたいなあ・・」子供たちの表情から、こんな気持ちが読み取れます。

給食委員会のみんな、ありがとう!

4年生 ハーブ教室:バジルソースで本格イタリアン!



4年生は総合的な学習の時間にハーブについて学習しています。先日の学習発表会でもステージ発表を行いました。
今日は、待望のハーブ教室。講師の金丸先生をお招きして授業を行いました。
まずは収穫から!今年の春に植えて育てたハーブです。


大豊作です。やったー。

給食にも活用していますが、今日は収穫祭、育てた自分たちだけのお楽しみ。バジルソースたっぷりのトーストをいただきます。オリーブオイルとバジルをミキサーにか
けて・・・子供たちはミキサーの中でソースができる様子にくぎづけ。漂ってくるおいしい香りにうっとりです。


出来上がり! いただきま~す!おいしい、おいしい。

先日の学習発表会では、この学習の成果を地域の人に披露しました。また、学校の栄養士さん、調理員さんにも協力いただき、給食での活用を1階の廊下で実物展示して来場していただいた皆様に実際の給食をみていただきました。
給食は、冷凍保存して一同に展示したものです。


学習発表会での4年生の発表や展示を観てくださった金丸先生は、「うれしくて、涙、涙でした」とおっしゃってくださいました。
今日の授業では、その感動の気持ちをプレゼントにして子供たちに届けてくださいました。心のこもったお手紙と手作りの乾燥ハーブの詰め合わせ!

一人一人の子供にプレゼント・・


いつになく暑かった今年の夏。水やりや草むしりを怠らず続けた4年生にだけの至福の時間です。


「主体的・対話的で深い学び」とは、このような学びのことをいうのではないかと考えさせられました。

あの時掘ったさつまいもが、大学芋になって出てきたよ!

先日、秋日和のなか、自分たちで育てたサツマイモをみんなで掘りました。びっくりするほどの大豊作!あの時は本当に感動しました。栄養士さんと調理員さんにお願いして一部を給食に活用してもらいました。大学芋。ほんのり甘くとってもおいしかったです。

調理室におけるお芋さんの「大学芋への変身」をご覧下さい!

からっと揚げて・・・

甘辛ダレをしっかりからませて・・ はいっ 出来上がり!

子供たちは帰りに調理員室に立ち寄り、栄養士さんと調理員さんに「ありがとう」を言いました。

「おいしかった! と言ってもらえてうれしかったよ・・・」
調理員さんたちから返ってくる言葉に聞き入っています。

子供たちは、残ったお芋さんで「お芋パーティーをしたい!」と言っているそうです。実現すればいいですね。

夏も終わり・・・

あの暑かった夏も終わり、いつのまにか秋の気配。上着をはおってくる子供が増えてきました。今日は、秋に向かう川原小学校をご紹介します。用務員さんは、もう暖房の準備を始めました!

夏休みに自分の家で育てたあさがおを見つめる児童。楽しかった夏を名残惜しんでいるかのよう。

朝、玄関では、黙々とお掃除してくれている子も発見!もう長袖、、長ズボン。

プールはもはや店じまい。2階の階段から眺めると水はもう緑色。夏は子供たちの歓声が聞こえたんだけどなあ・・

1年生の教室に行くと、担任の先生が紅葉のお話。「この葉っぱ、もともとはどんな色だったっけ?」と問いかけておられました。季節の変化に気づくことができる人になってほしいなあ。

ちなみに、今日(10月9日【火】)の給食から、ごはんは「新米コシヒカリ」!

秋もどんどん深まっています。

放課後、帰路につく2年生。こちらに気付き、手をふってくれました。影はもうずいぶん長くなっていますよね。

さようなら、また明日。

調理室より 万葉びとの食事を再現!給食バージョン

今日(10月4日)は、万葉献立。赤米ごはんや「鮭のくるみ味噌かけ」など、  1、300年も昔の食事を再現した料理をみんなでいただきました。

万葉の時代は、あわ、ひえ、麦、豆、米などを栽培して主食として食べていました。また、川で捕った魚や、山で収穫した木の実を食べていたそうです。今日の給食は、食べやすいように給食バージョンにしてあります。白い米に雑穀の「香紫米」を混ぜたり、鮭やくるみを使ったりして工夫されていました。
2年生の教室をのぞいてみました。
鮭のくるみ味噌かけのお味はどうですか?

「この味噌めっちゃおいしい!めっちゃおいしい!」こんな声が響いていました。
朝、調理室を訪ねると、くるみ味噌をつくる前の「くるみ」が山積み!
「かたかご汁」の具・豆腐も今か今かと待ち構えていました。

「かたかご汁」?何がかたかご?
それは、片栗粉でトロミがついているから!そう、片栗粉は昔、かたかごの花の根からつくられていたから。わあ おいしそう!
あっ、そういえば、毎日使っている食器のデザインもかたかごだったね。

もののふの 八十娘女(やそおとめ)らが 汲(く)みまがふ 寺井の上の かたかごの花
大伴家持もこんな料理を食べていたのかなあ・・・・・
私は、とろみのついた「かたかご汁」をいただいていま~す!

配膳の時の様子もお届けします。いつもとはちがう「赤米ごはん」だけど、ちゃんと全部配膳しました!


うーん、なんておいしいんだろう!黙々といただきます。おいしいからおしゃべりもしばし休憩。

デザートは?

国吉りんご!地産地消にもとりくんでいるんだ!
調理員さん、特色のあるこんな給食、またつくってね。

1年生 秋の収穫祭 でっかいお芋がとれたよ!

お芋掘りには絶好の秋晴れ!1年生のみんなで体育館横の畑でお芋掘りをしました。


掘っても掘ってもゴロゴロとお芋が出てきます。みんな夢中で掘りすすみます。
みんなの目はキラキラとかがやいています。

女の子は一つ一つていねいに掘っていきます。男の子は掘り当てたお芋さんを担任の先生に見せに行きます。

あれっ?こんなちっちゃいのもおいもさん?

収穫したお芋はみんなのもの。みんなのお芋倉庫にもっていきます。蔓も無駄にはせずに、リースにしようかな?煮て食べてもみようかな?

とても和やかな、秋のひとときです。

調理室から2 絶品グルメ~秋の香りごはん~

はて?これはなんでしょう?

今日(9月20日【木】)は、栄養士さんと調理員さんにお願いして、調理の様子の一部を撮影してもらいました。これは、絶品グルメ「秋の香りごはん」の具が大釜の中で煮えている様子でした。わからなかったでしょうね・・・
でも、そういえば・・

1学期に、調理員さんや栄養士さんたちの授業を受けた1年生たちには、すぐにわかったかな?きょうは、お月見献立。秋の香りがいっぱいです。


大釜ではこんな作業も!スケールが違う!


炊きあがった具材は、ごはんへ!そして、まぜ、まぜ、まぜ・・

これも圧巻!秋の代表格ーさんまー これだけ並ぶとびっくりです。

そして焼いて→できあがり!

毎日、なんとなくあたりまえにいただいていた給食。大変な苦労があるのです。
今日のお月見献立で~す。

①血や肉をつくる ②働く力のもとになる ③体の調子をよくする。2階の階段の登り口にある毎週の献立予定表。これを毎日更新している給食委員の子供たちは、少なくとも栄養士さんや調理員さんのご苦労に気付いているとは思いますが。

これからもおいしい給食をよろしくお願いします。