学習発表会に向けて3 あと3日!準備も急ピッチ

今度の日曜日(10月21日【日】)は待ちに待った学習発表会!準備も急ピッチで進んでいます。体育館は入館も制限して・・、これは係打ち合わせです。

PTAのみなさんも連日学校に来て下さり、「友愛セール」などの準備で大忙し・・
各地区から集まってくるセールの物品で部屋は満杯! 毎晩一つ一つに値札が付けられています。お父さん、お母さん連日ありがとうございます。

先生たちも最後の追い込み!体育館で場所取り・・。校内は道具であふれています。

あれっ?今年大人気の「チコちゃん」! 何に使うのかしら?

授業も学習発表会一色! 最高の作品をみなさんにお見せしたいから・・

1年生はシャボン玉を楽しんでいるように見えますが・・これも作品に変身するのでしょうね!

3年生はペットボトルで何か ? を創(つく)っています・・

6年生は絵画の最後の仕上げ!見応えのある作品が多いです。

本番の10月21日(日)まで・・あと3日! ぜひ見に来てくださいね!

あの時掘ったさつまいもが、大学芋になって出てきたよ!

先日、秋日和のなか、自分たちで育てたサツマイモをみんなで掘りました。びっくりするほどの大豊作!あの時は本当に感動しました。栄養士さんと調理員さんにお願いして一部を給食に活用してもらいました。大学芋。ほんのり甘くとってもおいしかったです。

調理室におけるお芋さんの「大学芋への変身」をご覧下さい!

からっと揚げて・・・

甘辛ダレをしっかりからませて・・ はいっ 出来上がり!

子供たちは帰りに調理員室に立ち寄り、栄養士さんと調理員さんに「ありがとう」を言いました。

「おいしかった! と言ってもらえてうれしかったよ・・・」
調理員さんたちから返ってくる言葉に聞き入っています。

子供たちは、残ったお芋さんで「お芋パーティーをしたい!」と言っているそうです。実現すればいいですね。

学習発表会に向けて2 さあ、本番へ!ステージ練習真っ盛り


これは、3年生のステージ練習「川原THEオリンピック2018」の一幕。
6年生は、劇「王様のヒゲ」。立派なヒゲが自慢のワガママ王様。ある日、そのヒゲが乱れ・・。国一番の理髪師サンパが宮殿に呼ばれました。下の写真は劇練習中のサンパです!

今度の日曜日(10月21日)の本番まで、あと少し。ステージは各学年の練習でスケジュール満杯。
今日は、ステージ練習中の川原っ子をご紹介します。
まずは1年生と2年生。元気いっぱいです。

ただ、1年生は練習の合間の自分に関係のない時間には、ちゃめっけも!

4年生は、というと・・ステージを真っ暗にしてパワーポイントをフル活用!
暗い中「幸せハーブ大作戦」の猛特訓!総合的な学習の時間で学んだハーブのことを分かりやすくご来場の方々にご紹介する予定です。


5年生は、合奏と合唱。連合音楽会もあり、夏休みから練習に取り組んでいますから、ちょっと自信も!

6年生は?と帰りの会の時間あたりに教室をのぞいてみました。
しかし、教室はからっぽ・・・

時間を惜しんで、帰りの会のわずかな時間を活用して猛特訓!


小学校最後の学習発表会。力一杯演じます。ご来場をお待ちしています。

学習発表会モード全開!

来る10月21日(日)は、川原小学校の学習発表会。今、学校は学習発表会モード全開です。朝は全校合唱。廊下などには、劇で使用する小道具などがあふれています。

全校合唱では、すべての先生が指導に入ります。「美しい歌声に思わず、もっと もっと と指導したくなるわ!」

はじめは、歌詞を見ながらでしたが、もう見なくても大丈夫。

先輩は、お手本の歌声を下にいる下級生に届けています。

休み時間や放課後は? 先生たちと一緒に大道具や小物づくり・・。

練習の合間は、くつろぐ時間もありはしますが・・

学校は学習発表会のための道具などであふれています。あと1週間!学校はやや雑然となってしまいますが、みんながわかっています。お許しください。

これから数回、学習発表会に向けての川原っ子の様子を皆様にお届けいたします。
一人でも多くの皆様にご来場いただけますようお願い申し上げます。

期待していてくださいね!

地域の行事に進んで参加!

秋まっさかり。公民館まつりや住民運動会など地域の行事があちらこちらで行われています。川原っ子も進んで参加しています。
朝早くから毎日練習しました。その練習の成果を発揮する時が、今。

さあ、出番です。会場の前の席は、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんなどで満席!おとうさんはビデオやカメラをセッティング。おかあさんは、出店の
お仕事の途中なので、エプロン姿のまま・・。

多くの観客のみなさんに応援していただけるので、子供たちもエンジン全開!

この公民館まつりも、先週の住民運動会(10月7日)も子供たちはやっぱり地域の行事に花を添えてくれます。登下校の見守りや学習発表会のいろんな準備など、日頃の感謝の気持ちを、体全体で表現できたらいいですね。

夏も終わり・・・

あの暑かった夏も終わり、いつのまにか秋の気配。上着をはおってくる子供が増えてきました。今日は、秋に向かう川原小学校をご紹介します。用務員さんは、もう暖房の準備を始めました!

夏休みに自分の家で育てたあさがおを見つめる児童。楽しかった夏を名残惜しんでいるかのよう。

朝、玄関では、黙々とお掃除してくれている子も発見!もう長袖、、長ズボン。

プールはもはや店じまい。2階の階段から眺めると水はもう緑色。夏は子供たちの歓声が聞こえたんだけどなあ・・

1年生の教室に行くと、担任の先生が紅葉のお話。「この葉っぱ、もともとはどんな色だったっけ?」と問いかけておられました。季節の変化に気づくことができる人になってほしいなあ。

ちなみに、今日(10月9日【火】)の給食から、ごはんは「新米コシヒカリ」!

秋もどんどん深まっています。

放課後、帰路につく2年生。こちらに気付き、手をふってくれました。影はもうずいぶん長くなっていますよね。

さようなら、また明日。

調理室より 万葉びとの食事を再現!給食バージョン

今日(10月4日)は、万葉献立。赤米ごはんや「鮭のくるみ味噌かけ」など、  1、300年も昔の食事を再現した料理をみんなでいただきました。

万葉の時代は、あわ、ひえ、麦、豆、米などを栽培して主食として食べていました。また、川で捕った魚や、山で収穫した木の実を食べていたそうです。今日の給食は、食べやすいように給食バージョンにしてあります。白い米に雑穀の「香紫米」を混ぜたり、鮭やくるみを使ったりして工夫されていました。
2年生の教室をのぞいてみました。
鮭のくるみ味噌かけのお味はどうですか?

「この味噌めっちゃおいしい!めっちゃおいしい!」こんな声が響いていました。
朝、調理室を訪ねると、くるみ味噌をつくる前の「くるみ」が山積み!
「かたかご汁」の具・豆腐も今か今かと待ち構えていました。

「かたかご汁」?何がかたかご?
それは、片栗粉でトロミがついているから!そう、片栗粉は昔、かたかごの花の根からつくられていたから。わあ おいしそう!
あっ、そういえば、毎日使っている食器のデザインもかたかごだったね。

もののふの 八十娘女(やそおとめ)らが 汲(く)みまがふ 寺井の上の かたかごの花
大伴家持もこんな料理を食べていたのかなあ・・・・・
私は、とろみのついた「かたかご汁」をいただいていま~す!

配膳の時の様子もお届けします。いつもとはちがう「赤米ごはん」だけど、ちゃんと全部配膳しました!


うーん、なんておいしいんだろう!黙々といただきます。おいしいからおしゃべりもしばし休憩。

デザートは?

国吉りんご!地産地消にもとりくんでいるんだ!
調理員さん、特色のあるこんな給食、またつくってね。

1年生 秋の収穫祭 でっかいお芋がとれたよ!

お芋掘りには絶好の秋晴れ!1年生のみんなで体育館横の畑でお芋掘りをしました。


掘っても掘ってもゴロゴロとお芋が出てきます。みんな夢中で掘りすすみます。
みんなの目はキラキラとかがやいています。

女の子は一つ一つていねいに掘っていきます。男の子は掘り当てたお芋さんを担任の先生に見せに行きます。

あれっ?こんなちっちゃいのもおいもさん?

収穫したお芋はみんなのもの。みんなのお芋倉庫にもっていきます。蔓も無駄にはせずに、リースにしようかな?煮て食べてもみようかな?

とても和やかな、秋のひとときです。

土曜子ども教室 お茶室拝見!

第4回の土曜子ども教室は、学校の近くの得照寺さんにお伺いしてりっぱなお茶室を拝見すると同時に、茶の湯の作法を教えていただきました。
「もみじチーム」と「赤とんぼチーム」に分かれて、本堂で川原校区の歴史を学ぶこと、お茶室でお茶の作法を教えてもらうこと、この2つを体験しました。
まずは、おいしいお菓子をいただきました。


そして、いよいよ・・・、あれ?こんなに入り口がちいさいの?

私たちのために、本格的な衣装まで!これが本当のお茶会です。千利休をみているよう・・あれっ?「能楽クラブ」でお世話になっている三本松先生!
何でもできるんだ。すごいなあ・・・

お茶は少し苦いけど、もっと苦い「濃茶」もあるんだって。数人で回し飲みをする作法だそうです。おねだりすると、なんと最後にサービスでつくってもいただきました。

最後には、重厚で落ち着きのある縁側でのびのびと感想を書かせていただきました。
「お茶を飲んだ時は苦かったけれど、飲み終わった時は甘かったです」
「お庭がとてもきれいでした」「社会科で習った茶道を実際に体験することができてよかったです」

保護者の方々も「お茶室でいただくお抹茶は格別でした」「こういう機会があると、子供にとっても大人にとっても地域や文化、歴史を学べると思います」と感激しておられました。
貴重な文化財でもあるお茶室を使わせていただいた得照寺さん、ご説明いただいた得雄寺住職(本校同窓会副会長)の佐々木さん、そしてお茶の先生を何人もご紹介いただき自ら茶の湯の作法をご指導いただいた三本松先生、元連合自治会長の廣田さんなど、今回の土曜学習は本当に多くの方々にお世話になりました。

この体験は子供たちにとって一生の宝物、毎回この川原っ子土曜こども教室をコーディネートしてくださる吉川先生、本当にありがとうございました。