川原っ子 日常の学校風景

7月5日(木)2時間目、給食室におうかがいしました。


調理員さんお二人で給食の準備の真っ最中。これは、献立にある「鮭のオイネーズ焼き」の下準備でしょうか。写真が曇って見えるのは、外からガラス越しに撮影したからです。給食室は、衛生上の管理も万全。


2階に上がってみると、1年生の教室で担任の先生が一人一人に個別指導をしておられました。子供たちは、並んで自分の番を心待ちに待っています。

2時間目が終わると、長休み。この日は3年生を中心に鬼ごっこをしていました。台風が近づき、ボールネットが倒されているため、ボールを使った遊びができなかったからです。鬼ごっこは、グランドいっぱいに走りまわっていました。
下の写真は、長休みが終わった瞬間。「さあ、教室へ」授業に遅れないように。


3時間目になると突然雨が降ってきました。用務員さんが、窓の開いている誰もいない教室を回って、雨が入らないように窓を閉めてくださっていました。
そういえば、先週のプール掃除の前にも5年生と6年生が来る前に一人で「下準備」をしてくださる様子を目撃しました。感謝。

さあ、給食の時間。みんな楽しそうにおしゃべりしながらおいしくいただいています。2年生の教室です。

1年生は、食べるのに時間がかかります。給食の時間が終わっても、ゆっくり時間をかけて食べている子供もいます。先ほど紹介した「鮭のオイネーズ焼き」を口にはこぼうと箸をつけたところです。川原小学校の調理員さんが作ってくださる給食は、いつもおいしいなあ。全部食べなきゃ・・。

川原小学校のありふれた日常の中に、調理員さんや用務員さんの力添えがあることがよくわかりました。