2年生 おもちゃランドへ1年生を招待!

2年生は、生活科の時間に遊びに使う物を工夫してつくりました。そしてそのおもしろさに気付くとともに、みんなと楽しみながら更なる遊びを創り出そうと意欲満々です。
今日は、そのおもしろさを1年生にも伝えたくて、1年生全員を自分たちのおもちゃランドに招待しました。
準備万端で1年生を待ちかまえます!


そして、いよいよ1年生がランドに入場してきました。1年生の担任の先生も一緒に楽しみます。うちわであおぎながらのカーレース!先生負けそうです。

ほんとうに楽しそう!

2年生は、1年生にやり方をやさしく教えてあげます。この時ばかりは、おにいちゃん、おねえちゃんですね。

おわったところにはハンコをあげますね・・


説明のむずかしいコーナーもあります。

2年生は、自分が楽しむのではなく、あくまでも1年生のために!


2年生の「1年生を楽しませたい」という気持ちが写真からもよく読み取れますよね?

ためしにやらせてもらったところ、とってもおもしろかったです。カップラーメンの容器が伏せて置いてあったので、何なのかな?と思ってこれを選びました。「コトコトぐるまコーナー」にて・・。子供たちに教えてもらいました。ぐるぐると電池をまわしてゴムの回転力を高めます。そして、逆さまにして地面に置くと・・・確かにコトコトとびっくりするくらいの勢い不規則に走り出しました!

楽しませてもらったのに、1回遊ぶごとにプレゼントがもらえました。はい、どうぞ!ボーイング機なみの紙でつくった飛行機(下の写真下部)をもらうことができました。やった~

1年生は、全8コーナーでもらったプレゼントをマイぶくろに入れて8つのコーナーをいったりきたり。

ディズニーランドのようにワクワクする川原っ子のおもちゃランド!


最後に、ランドを出ようとした時、開会式の司会の読み原稿を発見しました。
2年生は、ここまで準備をしていたのですね。

準備の苦労がよくわかります。

1年生が喜んでくれたことは、明らかです。ありがとう。

給食 やちゃらあえ って何?


※注 鶏肉のごまだれかけ やちゃらあえ ミックスナッツがこの日の献立です。
上の写真は、給食委員の子供たちが書いた黒板をアップで撮影したものです。

今日の給食に「やちゃらあえ」が登場しました。ご存じですか?
この料理です。

糸寒天が目を引きました。調理員さんによると、冬のこの時期によく登場するそうです。「やちゃら」とは、野菜や海藻など8つの材料を使うことからその名前になったとも言われています。富山の郷土料理のひとつです。仏事や正月料理など行事食として作られることが多く、家庭や季節によって材料は様々です。
そんな料理が、給食に!

2年生の教室をのぞいてみると、給食準備の真っ最中。鶏肉のごまだれかけのむこうに「やちゃらあえ」が見えます。
「ぼくに、もっと、やちゃらちょ~だい」

郷土料理とはいっても、家ではそんなに頻繁に出てくるものではありません。
給食さまさまですね!
みんなおいしそうに食べています。


給食は、いろんなバリエーションがあって、子供たちは毎日楽しみです。

土曜こども教室 おいしいお菓子の家をつくったよ!

12月8日(土)、近くの川原公民館で川原っ子土曜こども教室が開催されました。
はじめの30分は、勉強タイム。宿題をしたり、読書をしたり。宿題をしてしまった人
は、折り紙などを折ったりしていました。

まずはしっかりと手を洗いアルコールで消毒してから調理室に入りました。今回の講師は、本校の土曜学習のコーディネーターでもある吉川佳子先生ご自身です。

お菓子は、吉川先生が人数に合わせて準備くださっていました。いろんなお菓子屋さんをまわって集めてくださいました。

まずは、おうちの土台をつくります。粉糖をのり代わりにします。よく練ったらボンドのようになりました。

お父さんやお母さんも多数参加くださいました。子供たちの家造りを見まもってくださいました。

お菓子の家造りもいよいよ佳境に入ってきました。

仕上げは、準備されたカラフルなお菓子で自分なりのデザインを行います。どのお菓子をトッピングすればきれいになるかなあ~

そして、完成した自分のご自慢の家(お菓子ですが)を見せてくれました!
なんと、すてきな仕上がりでしょう!


子供たちのつくったお菓子の家をご覧ください。夢があっていいですね!
1つとして同じような家はありません!



終わったあと、自分の大切なお菓子の家を全員が大切におうちにもって帰っていきました。
気になったので、今日の朝(週が明けての月曜日)「あのお菓子のおうちどうしたの?」と4年生の児童に聞いて見ました。
「食べました」
「おいしかった?」
「うん」

にっこり笑顔で応えてくれました。吉川先生、貴重な体験、本当にありがとうございました。

おいしいお味噌汁はいかがですか~


5年生の家庭科で、お味噌汁をつくりました。大根と油揚げの最高の組み合わせ、出汁も天然!おいしそうでしょ?

はい、どうぞ。今日はお母さんのようです。

当然、グループごとに微妙な味の違いが生じます。でも、自分たちでつくったのが、やっぱり一番おいしいなあ・・

担任の先生も、やっと座れました・・。さあ、あなたたちのグループの味はどうかな?

こんなにおいしく出来たのだから、今、職員室におられる先生たちにも!
わたしたちの作ったお味噌汁をどうぞ、おいしいですよ!まさかの登場に戸惑う先生。

でも、意味がわかり最後は記念撮影!栄養士さんもおられたので、今日は恩返し!

ということで、お鍋のお味噌汁はあと少し。残りは男の子が完食しましたよ。

おうちでもつくって、家族を喜ばせてくださいね!

給食の時間 栄養士さんと調理員さんがやってきた!


給食の時間に栄養士さんと調理員さんが来て下さいました。毎日、毎日給食を作ってくださっている人全員の顔がみれるのもいいですね!
栄養士さんと調理員さんは、学校中のクラスをまわって給食について説明してくださっています。今日は、いつもモリモリ食べる3年生!

まずは、お皿などの置き方。どの写真が正しいですか?これはクイズ形式です。食べながらでも挙手します。次は、今日の給食ができるまで。作り方の説明です。

給食の時間ですが・・・まるで授業のよう!

子供たちは、耳はダンボにして、視線はおいしい給食と調理員さんを行ったり来たり。最後は、「いつも残さずにおいしく食べてくれてありがとう。これからもね!」というお言葉でしめくくられました。

ご安心ください。
調理員さんが来て下さる前に、「いわしの蒲焼き1つ」をめぐる熾烈な争奪戦が繰り広げられていたのです!希望者が集まりまずはジャンケンです。

だんだんだんだんと獲得者が絞られてきます・・・・一人減り

そして・・蒲焼き1つは担任の先生によって2つに分けられ、2人のお友達がゲットしました。やった~

栄養士さん、調理員さん。いつもおいしい給食をありがとう!

学期末 いよいよ寒い冬がやって来た!

木枯らしの吹く季節となりました。児童玄関前は毎朝落ち葉でいっぱいとなっています。環境委員会の子供たちもがんばって落ち葉を掃いて集めますが間に合いません。あとは、用務員さんと先生たちで・・・

雪囲いの終わった玄関前のドウダンツヅジ。見事な紅葉も終わり、風に吹かれて道路まで。葉が小さいので集めるのは大変!

校舎内に目を転じると・・・学期末評価の季節です。集中してテストに取り組んでいます。ドアを開けるのも・・遠慮しておきます。

あれっ!1年生まで!

廊下には、歳末恒例の赤い羽根共同募金のタワーがあります。児童会運営委員会のアイデアです。みんなの協力でこんなにたくさん集まりました。

募金の7割は、わたしたちの町高岡に届いているそうです。子供たちの集めた募金が、障がいのある方の自立支援、高齢者の生活支援、地域の子育て支援などに役立てていただけることをうれしく思います。

寒い冬がやってきましたが、子供たちの心はあったかいです。

3年生 来年のクラブ活動は、どこにしようかな・・?

3年生が、クラブ活動の様子を見学しました。
クラブ活動は、同じ興味や関心をもつ4年生から6年生までの児童で組織されており、本校では、能楽やパソコンなど6つのクラブがあります。
これは、体育館で行われている「バドミントン&ビーチボールクラブ」の見学です。
ちょっぴり遠慮してか・・入り口での見学です。

次は、能楽クラブ。活動の気に入ったところを一生懸命にメモしています。


パソコンクラブでは、実際にコンピュータをさわらせてもらいました。

先輩はやさしく教えてくれます。

どんなクラブがあるのかな?どんないいところがあるのかな?自分に一番あっているのはどのクラブかな?
3年生は、うれしそうに6つのクラブを行ったり来たりして、自分のクラブを見定めていました。
楽しみだね!

3年生 元気クラブのみなさんとオリジナル雑巾をつくったよ!


3年生が、近くの川原公民館で校区の「川原元気クラブ」(会長:山沼静江様)のみなさんと交流活動を行いました。「川原元気クラブ」のみなさんは、川原小学校区にあるすべての自治会から自主的にお集まりになり、はつらつ体操や筋力アップ体操などで体力増進を図っておられます。保育園の園児や小学校の児童とも積極的な交流活動を行っておられます。
昨日(12月4日【火】)は、オリジナル雑巾づくりをご指導いただきました。

3年生の児童が26名、元気クラブの方々が24名なので、ほぼマンツーマン!
まずは、グループになって説明を聞きました。

子供たちは、事前にデザインを考えてきています。雑巾の基本的な作り方から絵柄の表現など、手取り足取り教えていただきました。

孫に教えるような感じです・・

そして、こんなオリジナル雑巾ができあがりました。一部をご紹介します。自慢げですね!


子供たちの感想は?
「ぜんぶは終わらなかったけれど、おうちのおばあちゃんに教えてもらいながらつくりたいと思います」
「とてもやさしくていねいに教えていただいたおかげで、とてもかわいくできました」
「おうちとか学校とかで必ずつかいます」
「むずかしいところは、かわりにぬってくれたり、困ったところはサポートしてくれたりしました。ぼくたちをきづかってくれてありがとうございました」
最後には、感謝のきもちをこめてリコーダーを演奏しました。
「山のポルカ」です。

合唱は「光の射す方へ」

みなさんが聴き入ってくださいました。

最後は記念撮影!

わずかの時間ではありましたが、密度の濃い交流が行われました。みんな笑顔です!
「川原元気クラブ」のみなさん、本当にありがとうございました。

5年生 働くことの意義を考える!-道徳科の研究授業にて-


先週に引き続き、校内研修を行いました。今日は、5年生の公開授業です。教科書にある資料を、事前に全教員が検討しています。今、担任の先生が授業しています。
さあ、授業がはじまりました。

次々に手が挙がり、たくさんの意見や思い・考えを出し合います。

それを、担任の先生は確認しながら丁寧に拾い上げ、黒板に整理します。

教科書の資料は、「牛乳配り」でした。町内の会合から帰ったお父さんからの頼みで、一人暮らしのおばあちゃん(他人です)に毎朝牛乳を届けることになった主人公。はじめは、仕方なくはじめた主人公。くじけそうになる中、いろいろ思い悩みました。最初は、その時の気持ちを考えました。
「おばあちゃん」ということに関しては、この学級、いろいろな体験があります。
教室上を見上げると、その掲示物・・・

そうです。デイケアセンターへ訪問して高齢者の方々と触れ合ったり、実際に「高齢者体験」をしたり。
物語はこう続きます。主人公は、その後、おばあちゃんからの感謝のお手紙を受け取りました。毎朝「カタッ」と音がして牛乳が届けられることを、そのおばあちゃんは楽しみにしていてくれたのです。
手紙を読んだ主人公の気持ちは?みんな真剣に考えます。そして、自分の意見をまとめます。


お隣の人とも意見交換してから、全体で話し合いました。

教室全体をまとめながら、担任の先生は授業をしめくくりました。黒板には話し合いの形跡が、残ります。この1時間の、この学級のそして個人の心の軌跡です。

本校では、これからも道徳科の授業に重点を置いて校内研修を行います。