6年生 英語に慣れ親しむことが大切


本校では、新学習指導要領への移行期間中の中・高学年の外国語活動について、今年度は英語専科教員の有澤先生にご指導いただいています。今回は、やがてやってくる本格実施に向けて校内で教員研修を行いました。
どんな授業を行うと、子供たちが「聞く」「話す」を中心に英語に慣れ親しむことができるのかについて、授業を参観しみんなで協議しました。



見ていただければわかるとおり、やっぱり子供たち自身が楽しくなければなりません。難しい言葉はすぐには出てこなくても、ゲームなどを多用して楽しく学ぶことが大切です。とっさに英語が出てくるような・・そんな授業になればいいですね。文科省から出た小学校高学年用の新英語教材「We can!」等もフルに活用し、テンポ良く授業が進んでいました。本当に参考になりました。
当然、「読む」「書く」にも取り組みます。6年生の学級目標にもあるとおり、子供たちの目は輝いています。

担任の先生がこの授業を参観しているしばしの時間、他のクラスは?と思い訪ねてみると、担任の先生が指示した勉強を一生懸命に行っていました。おりこうです。
5年生(上)下は2年生(左)と3年生(右)です。


先生たちは、みんなで研修を深めて、きっと楽しい英語の授業をするからね!