リースづくりに挑戦! 第6回土曜こども教室

11月17日(土)、川原公民館で今年度6回目となる土曜子ども教室が開催されました。コーディネーターの吉川先生をはじめ、講師の金丸先生、PTAからも多数参加くださり、子供たちの活動を後押ししてくださいました。
親子が触れ合える良い機会ともなりました!

集合したら、まずはお勉強。宿題をしたり、おうちから課題を持ってきたり・・、ある3年生は、なんと夏目漱石の「我が輩は猫である」を読んでいました!
帽子をとるのも忘れて自習体制に!


そして、いよいよリース教室が始まりました!

講師の金丸先生がつくってきてくださった柳の蔓にドライハーブや自然の素材を自分のセンスでつけていきます。


はじめは、グルーガンの使い方もぎこちなかったですが、だんだんと慣れてきました。

個人差もあり、はやくできあがった人は、学校に飾る大型のリースづくりに協力してくれました。みんなで知恵を出し合いながらつくります!

それは、こっちにつけたほうかいいよ!ある程度の時間がきたら、別のお友達と交代!いろんなアイデアを入れた方がよくなるから・・

その間、お父さんは、みんなが作ったリースを鑑賞できるように壁に架けてくださいます。

時間に余裕がでてきら、廊下に出てしばし談笑・・
巨大な学校用リースは、5年生が最後の仕上げをしてくれました。

一方、今日の反省会のためにハーブティーも準備くださっていました。

ここからは、ゆったりとした気持ちでお茶をいただきながら鑑賞です。

子供たちの視線の先にあるのは・・・きれいなドライハーブのリース!

一つ一つ個性があっていいですね。おうちに飾って心をいやします!
土曜学習コーディネーターの吉川先生、そして講師の金丸先生、すてきな時間を本当にありがとうございました。
最後に、振り返りカードの言葉をご紹介します。
「今日は、すごくがんばれたと思います。かわいい世界に一つのリースがつくれたと思います。お母さんたちによろこんでほしいです。楽しかったです。(*^▽^*)
お母さんのカードには、
「毎年楽しみにしている教室の一つです。今年もとても素敵なリースができました。歴代のリースを合わせると、なんと5個目です!大切に飾らせていただきます。ありがとうございました。」
継続は力なり。本校の土曜学習は進化(深化?)しています。