6年ものづくり・デザイン科 金吹き

中村美術工藝社で、金吹を行いました。                                   まず、砂型に塗料を塗ります。

    バーナーで焼いて、乾燥させます。                 いよいよ、1200度近くの温度になって溶けた銅を流し込みます。みんな、自分の作品に銅が流し込まれるのを、食い入るように見ていました。

銅が冷めたら、型から取りだして・・・

                                                     いよいよ、来週が仕上げです。                                                                                    すてきな作品が、たくさんできあがりそうな予感です。

 

 

プール開き 快晴のもと厳かに そして元気に 

7月2日(月)
3時間目に「プール開き」を行いました。雲一つない晴天のもと、テープカット、安全祈願、安全のための確認のあと、全校児童が水に慣れるための「初泳ぎ」をしました。

テープカットのあと、事故などが絶対にないよう安全をお祈りしました。全校児童にプールに入る時のルールを一つ一つていねいに指導しました。その後、上級生がそのルールを全員に見えるかたちで模範を示しました。
右下の写真は、そのあとの模範遊泳(クロール)です。平泳ぎ、バタフライの順番に6年生が下級生にお手本を示しました。

今日は、まず水に慣れること。2年生から順番にプールに入っていきました。

1年生は、学校のプールははじめての経験。最後に、校舎側に設けた台の上から6年生の指導でゆっくり、ゆっくりと入っていきました。そのあと6年生につきそってもらいプールを一周しました。
5年生、6年生はさすがにお兄さん、お姉さん。25メートルを1回だけ泳いでみました。

さあ、夏本番。このプールで川原っ子は元気いっぱい泳ぐ予定です。

劇団ポプラ来校 ミュージカル「宝島」を楽しみました。

6月29日(金)、「児童青少年舞台芸術」巡回公演の一環として東京から劇団ポプラの皆さんが来て下さり、本校体育館でミュージカル「宝島」を演じてくださいました。平米小学校と川原小学校の全校児童が、ずばらしいミュージカルを鑑賞できる大変貴重な機会となりました。
皆さんバスで来て下さいました。セットも全部、バスに積み込んで。
  
朝、誰もいない体育館にて。リハーサルも入念です。

もう少しではじまります。担任の先生と「楽しみだなあ・・」

映像や音響効果も、ここが体育館とは忘れてしまうほどでした。

ミュージカルが終わり、劇団のみなさんが私たちに語りかけてくれているところです。中央は主人公のジム少年。みなさんの迫真の演技にワクワクしました。ジム少年の冒険に吸い込まれそうでした。

6年生の児童代表によるあいさつです。人間にとって、本当の宝物とは何かについて、考えを深めることができました。楽しむ中で大切なことを学ぶことのできたミュージカルでした。
劇団ポプラのみなさん、本当にありがとうございました。

このあと6年生は、1年生、2年生、3年生が座っていたござをみんなで片付けました。平米小学校のみなさんも笑顔で川原小学校をあとにされました。

4年生 ハーブ教室

6月22日(金)
4年生は今年度も、総合的な学習の時間に
金丸先生にハーブについて教えていただいています。

今回はハーブ園のハーブの名前を
教えていただき、看板を立てました。


収穫時期を迎えたオレガノを家族への
お土産にしました。
ピザに使ったり香りを楽しんだりしたようです。


最後にレモンタイムのハーブティーを
飲みました。
初めての味にびっくりしている子供も
いましたが、「おいしい!」と嬉しそうに
飲みました。

次のハーブ教室が楽しみです。
金丸先生、ありがとうございました。

「プール開き」間近 プール清掃完了しました

6月26日(火)の5、6限       
5年生と6年生でプール清掃を
行いました。
来週のプール開きにむけて準備が整いました。
ゴシゴシゴシゴシ デッキブラシで磨きました。
用務員さんの協力のもと、清掃用に水を少しずつ出してもらいました。

溝のすみっこも丁寧にゴシゴシゴシ

全員の力でだいぶきれいになってきました。

清掃完了時のプール

最後は、背の低い下級生が足をつけるよう、台を3つ設置しました。
重かったけれど、力持ちの男子が先生たちと力を合わせて何とかプールの底に設置できました。下ろした時には、拍手がわき上がりました。

夏が来るのが楽しみで、みんな笑顔いっぱいでした。

 

1年生、2年生 きらきら輝く目で授業を受けています

1年生と2年生の授業風景をご紹介します。低学年の児童は、身体を動かしながら学ぶことが大好き。輝く目で、身体ごと学習内容を吸収しているように感じます。
これは、1年生の音楽の授業です。まずは、基本を先生から教わります。
時々、教科書にも目を落としながら、楽しそうにタンバリンをたたきます。

二人で仲良く協力しながら上達しています。先生の指示で、タンバリンを叩かない順番の人は、手でリズムをとり、大きな声で歌って教室に活気が生まれました。

次は、2年生の算数の授業です。
大きさの違う4つの容器で水の「かさ」をはかっています。デシリットルやリットルという難しい言葉も体感すればだいじょうぶ。

ていねいに、ていねいに・・。正しく測定することで、単位の意味の理解も深まります。

グループごとに、気づきを分かち合います。

測定前に全体に伝えたことを、先生が確認しています。
この日はとても暑い日。水に触れるのも・・正直・・うれしいなあ。

1年生も2年生もきらきら輝く目で授業を受けています。

第2回土曜こども教室「カローリングをしよう」開催

6月23日(土)に2回目のかわらっ子土曜こども教室が開催されました。
今回は、講師として二上浩一さんをはじめ川原校下カローリングクラブの皆さんにご指導いただきました。70名近くの川原っ子が参加し、保護者の方々や先生も加わり全12チームで熱戦を繰り広げました。

まず、二上さんがルールについてみんなに説明してくださいました。

その後、川原校下カローリングクラブの方々から参加者一人一人に丁寧な指導がありました。「このあたりをそっともって・・。ゆっくり押し出すんですよ」

試合開始直前。全チームがそれぞれ作戦を練っている場面です。


カローリングクラブの方々が厳正な審判をしてくださいました。

さあ、どっちのチームが勝ったかな?みんな真剣です。


土曜日の半日が、あっという間に過ぎていきました。毎年この教室を楽しみにしている子供も多いです。5年連続で参加してテクニックを磨いている人もいます。子供たちだけでなく、カローリングクラブの方々や保護者、先生たちが年齢や性別、立場をこえて交流できて本当に楽しかったです。
前日の夜や当日の早朝からの準備など、コーディネーターの吉川先生はじめ、川原校下カローリングクラブ員のみなさん、PTA役員のみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

3年生 勉強も運動もがんばっています

 

図工の授業でフォトフレームを作っています。みんな製作に一生懸命です。授業参観では、廊下に展示して保護者の方々に見ていただきました。
6月21日(木) 今年度からはじまった「外国語活動」の授業です。

ゲームをしながら英語に親しんでいます。

6月22日(金) 体育の授業では、ボール投げの記録をとりました。投げ方を工夫しながら、1メートルでも遠く投げることができるようにがんばりました。

1回目と投げ方を変えてみたけど、どうかな?

きれいなフォーム。今度こそ自己記録更新!

6月に入り雨や曇りの日が増えてきましたが、川原小学校の3年生26名は、梅雨空を吹き飛ばす勢いで、勉強にも運動にも全力で取り組んでいます。

 

 

5年生 デイサービス訪問

6月21日(木)5年生が、総合的な学習の時間に、デイサービスきららを訪問しま
した。


最初に、5年生全員で「いつかあの海を越えて」を歌いました。

その後、きららのみなさんと、体操をしたりインタビュークイズをしたりしました。

今後も、定期的に訪問し、デイサービス利用者の皆様と、楽しい時間を過ごせるよう活動を工夫していく予定です。

6年ものづくり・デザイン科 砂型作り

6月20日(水)、中村喜久雄先生を講師に、砂型作りを行いました。

最初に、自分の考えたデザインを、カーボン紙を使って砂型に写し取ります。

その後、ニードルなどを使って、丁寧に掘り進めました。

次は、7月3日(火)に、この砂型に銅を流し込む作業を行います。

今から、完成がとても楽しみです。