1.24 不審者対応訓練

不審者が校内に侵入したことを想定した避難訓練を行いました。今回は、高岡警察署の方に来ていただいて訓練を行い、講評をいただきました。

不審な人だと感じたら、何としても2階に上げないという教員の構え、そして子供たちは自分たちの気配を消し、施錠して身を守る、など、大切なことは何かをそれぞれが考えて訓練に参加しました。

体育館への二次避難も静かにでき、警察署の方からお褒めの言葉をいただきました。

子供たちは、隠語を使った放送をよく聞き、判断して行動に移すことができました。「不審者が侵入できない学校は積極的な挨拶をしている学校」。挨拶は抑止力にもつながります。